教室だより

つきみ野8丁目コラム

 今年も生徒たちは多くのことを体験して、成長して来ました。
 個人別・能力別の学習を推し進めながら、一人ひとりの可能性を最大限に伸ばして行くのは公文式学習方法の特長です。
 つらい時もあります。それを乗り越えさせる役目が、新田およびスタッフの仕事と思っています。
 ご家族のご協力あってこそ、子どもの夢をかなえてあげられるものと、信じています。よろしく、お願い申し上げます。
 公文式学習は、「個別」です。個々の子どもがもっている可能性を発見し、一人ひとりの「能力の芽」を伸ばすお手伝いをしています。それは、「ちょうど」の学習をすることです。子どもが勉強嫌いになるのは、学力にちょうどあった教材が与えられないからです。「ちょうどの学習」によって、子供たちは学習意欲を持ち続けながら、先へ進んでいくことが出来ます。チャレンジしながら人生の歩み方を学んでいくのです。

公文式つきみ野8丁目教室 新田やえ

ワンポイントアドバイス

本当の使える英語-公文式英語のひみつ-

本当の使える英語-公文式英語のひみつ-
語学の四要素
公文式英語には語学の四要素「聴く」「話す」「読む」「書く」のすべてが網羅されています。
英会話だけでは「読む」「書く」の要素が少ないため、パターンになっていることは受け答えできても単語や状況が変わると使えなくなってしまいます。
しかし、ここに「読み」「書き」の要素を入れることで言葉の定着と応用ができるようになるのです。
語学上達のためにはこの四要素が上手に組み込まれていることがとても大事なのです。

公文式つきみ野8丁目教室 新田やえ